吉田謙 牧師の紹介

大阪吹田市のキリスト教会 千里摂理教会のトップページに戻る
講壇に立つ吉田謙牧師

牧師からのメッセージ

あなたの値打ちは寸分たりとも失われていない

千里摂理教会の牧師 吉田謙です。

私は、クリスチャンの両親のもとに生まれ、幼い時から教会に通うことが当然の生活をおくっていました。しかし、神様の真実の愛にふれ、自ら進んで信仰の道を歩み出したのは、随分と後になってからのことでした。私はある時、大きな挫折を経験したのです。しかし、その挫折を契機に神様の真実の愛に眼が開かれ、この神様の愛をより多くの人々に知ってもらいたいと心底願うようになったのでした。聖書の中に、こういう有名な御言葉があります。

「私の目にあなたは値高く、尊く、私はあなたを愛している。」

旧約聖書のイザヤ書43章4節の御言葉です。このイザヤ書の御言葉は劣等感にさいなまれていたイスラエルの人たちに語られたものでした。イスラエルの人たちは自分たちこそが神様に選ばれた「神の民」である、という誇りをもっていました。そしてそれに見あうような黄金時代もイスラエルには確かにあったのです。イスラエルはダビデ・ソロモンという王様の時代には絢爛豪華な宮殿に神殿、立派な町、様々な芸術作品、世界に誇る文化をもっていました。

ところが、このイザヤ書が書かれた頃のイスラエルはバビロニアという大国に攻め込まれて、立派な神殿は破壊され、エルサレムの町は瓦礫の山と化し、王様も含めて、ほとんどの人たちがバビロニアの国へ奴隷として連れて行かれてしまったのです。そしてバビロニアでの長い長い補囚の生活が始まりました。人々は、「もうこんな落ちぶれた姿では神様から見捨てられてしまったのではないか?!」「生きる価値など無いのではないか?!」と諦めかけていたのです。ソロモンの時代ならば、自分たちがユダヤ人であることを誇ることもできたでしょう。けれども、全てを失った今、帰る国さえもない。そして今、外国の奴隷として売られている。もはやプライドはズタズタです。しかし、その時に、先程の御言葉が語られたのです。

「私の目にあなたは値高く、尊く、私はあなたを愛している」

と。つまり「あなたには、あの黄金時代と少しも変わらない価値がある」「絶大な価値がある」「あなたの値打ちは寸分たりとも失われていない!」このように神様は、この落ちぶれたどん底のイスラエルに対して語られたのです。

私は大きな挫折を経験する中で、この神様からの語りかけを聞き、神様の真実の愛にふれ、再び立ち上がることができたのでした。この神様のお言葉は、あなたにも語りかけられています。

あなたも礼拝の中で、この神様の語りかけに耳を傾けてみませんか。

経歴

1958年 兵庫県神戸市に生まれる
1978年 神戸高専卒業。その後、某電気メーカーで16年間勤務。
1994年 神戸改革派神学校に入学
1997年 神戸改革派神学校卒業。千里摂理教会の牧師として着任。
2001年 神戸改革派神学校 礼拝学 非常勤講師(~2014年)

モットー

今、自分にできることを精一杯すること。

趣味など

  • 映画鑑賞
  • ガーデニング
  • 散歩(愛犬と一緒に)
大阪吹田市のキリスト教会 千里摂理教会のトップページに戻る
趣味のガーデニングを背景に。手前は散歩仲間の愛犬「クルミ」と「プリン」です。